no hell below us

Posted on

英語の授業の時間に、先生がジョン・レノンのImagine聴かせてくれたことを思い出します。

ドキュメンタリーも一緒に。
映像の中で、何故この曲が現在まで歌い継がれたか、それは「戦争が絶えないから」という風にもとれること。
それもひとつの考え方なのだと。

ベトナム戦争が始まらなければ、世界が平和であれば、この歌はある意味、必要なかったのです。

だけどすぐに否定したい。
愛したり、幸せであるのと同じか、またはそれ以上に、憎しみや恐怖や絶望があるから、人はいろんな歌を歌う。
歌が生まれるために戦争は必要だったとか言いたいわけじゃない。

人が生んでしまったものは、人が鎮める、いつかなくそうねって思う。
今も確かに戦争はある、だけど、これはそのための歌では、もうない。

この曲が流れて悲しむ人はいないはずだから。今も誰かが、うたうから。